実力派CBD Tincture

本来持つ自分の力を取り戻す

大麻(ヘンプ)の成熟した種子及び茎から抽出された大麻草特有の成分
(CannaBiDiol=カンナビジオール)の略語がCBDです。
海外では人間の医療にも使われています。

とてもパワフルなオイルです

CBDオイルはどれも同じではありません。
「誰がどこでどのように製造しているのか」が重要なポイントです。
maoのCBDオイルはアメリカで数々の賞歴を持つ信頼するメーカーより原材料を輸入  日本国内にて製造しています。



maoのオイルはブロードスペクトラム
アイソレート不使用のピュアなものです


• CBD maoの製品は安心安全な正規輸入された製品です
• 製造元のメーカがはっきりとしており、製造工程、原料の調達先まで透明性があり、品質が保証されています
• 国内へ正規輸入(税関、検疫手続きを経て日本の法律に沿って輸入しているものです)
• 国内で製造。ロット毎に再度成分検査を行っています。
• オーガニック栽培の原料のみを使用

【 CBDmaoの3つのポイント】

信頼

   日本国内にて製造しています

安心

日本カンナビジオール協会賛助会員 http://www.j-cbd.org/index.html

安全

アメリカ最高検査機関 SC Labsにて
安全性、含有量の成分分析済

【『CBDTincture』について】

  • 土壌にこだわり独自の最高品質の麻を有機農法から製造までを一貫生産
  • 純粋なブロードスペクトラム(アイソレート不使用)
  • 有機栽培・遺伝子組み換えなし
  • 日本専用の製造ライン
  • THC「0%」
  • 日本カンナビジオール協会認証準備中
  • 米国SC Labsにて成分分析済

【特徴】

01

安心の日本製

カリフォルニア州の賞歴のあるメーカーより原料を輸入
土壌にこだわり、栽培から抽出までを全て一貫して行っています。
日本の法規制にあわせ、日本向け専用製造ラインを設け、厳しい管理システムのもと高品質の原料を製造しています。

正規に輸入後、日本国内で製造
原料はSC Labsにて安全性、含有量の成分分析をすませておりますが、国内工場で製品完成後、栄養分析も行っております。

02

ブロードスペクトラム

CBDオイルには大きく分けて、ブロードスペクトラム、フルスペクトラム、アイソレートの3種類があります。
フルスペクトラムは法律で禁止されている成分全てが入っているので国内では違法です。
アイソレートはCBD単体のものです。
ブロードスペクトラムは法律で禁止されたTHCだけを取り除いた「最も高品質」と言われているものです。
30種類以上のテルペン、その他の有効な成分が含まれていてアントラージュ効果が期待できます。
こちらの製品は成熟した茎のみから抽出したブロードスペクトラム。アイソレートから作られているものではなく天然のブロードスペクトラムです。
THCに関してもアメリカより厳しい日本の法律に準拠しており、THCは一切含まれておりません

03

ヘンプシードオイルベース

ヘンプオイルベース

ヘンプシードオイルは、オメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸の比率が理想的な1:3。
栄養価が高く、強力な抗酸化作用を持つため、体の酸化を抑えアンチエイジング効果が期待できます。
また、y-リノレン酸を含んでいて、アレルギーや痒みを抑える効果があるため、海外ではアトピーの治療に使われています。
極力クセの少ないヘンプシードオイルを採用しております。


スーパーフードオイルとして有名なヘンプシードオイルですが、酸化しやすい特徴があるため、冷蔵庫保管を必ずしてください。

04

ご使用方法

瓶をよくふってください。

CBDオイルを舌下に垂らし、1~3分溜めてから飲み込んでください。
(ペットの場合は歯茎や耳の粘膜、またはカプセルにいれて)

溜めておくことが出来ない方はそのまま飲んで頂くか市販のカプセルにいれて摂取してください。
脂質と一緒に摂ることをお勧めします。
CBDオイルを肌に塗ったり、シアバターなどに混ぜて使うのもおススメです

CBDには個人差があり、推奨される量は決まっていません。年齢、性別、遺伝子、環境全てが関係します。
少量から初めて(0.5mlくらい)適量まで増やしていってください。

CBDオイルは天然の自然食品です。
安心してお使いください。


適量についてはいつでもお気軽にご相談ください。

05

一般社団法人カンナビジオール協会 賛助会員

国内でCBD品質管理に関する基準がないことから自主的に行う品質管理基準をつくるために設立されました。


CBDはまだまだ新しく日々研究がすすんでいます。 また、精密に検査できる機関が限られている為、CBDの質にも大きな差があります。 皆様の信頼を裏切らない製品を作るため、maoでは日本カンナビジオール協会の理念に賛同し、指示をあおいでいます。

現在、認定準備中
書類と成分分析はクリアしています。

【お客様の声】

アトピー性皮膚炎の柴犬と尿酸値高めの夫は体質改善に。私は美容と健康のために家族で使用しております。CBDオイルのおかげで腫れを繰り返していた愛犬の指の間の炎症が治まり、私の肌の色が明るくなったと言われます。自然由来で安全に無理なく継続できるところが気に入っています。
年老いた愛犬の為に使っています。昨年の秋以降どんどん後ろ脚の自由が利かなくなって表情の消えていった、むつきですが犬友のおススメでこちらのCBDオイルを使ってみました。自力で立ち上がるのが難しくなっていた、むつきが時々だけど自力で立ち上がり「オヤツ頂戴」と言ってきたり。はずきを庭に出していたら「自分も!」と起き上がって出てきたりするようになりました。 老犬なので機能を失った後ろ脚に劇的な改善があるわけではありませんが、ニコニコとオヤツを待ってる、むつきに再会出来て感謝しています。
出来るだけ長く元気でいてほしいから、今年16歳になる老犬に使っています。CBDオイルは動物病院のお薬やサプリ、ハーブなどと併用できるのが魅力です。医療で改善できるものはしっかり治療してもらいつつ、CBDオイルで体力気力の底上げをはかっています。
今までにいくつかCBDオイルを試しましたが、やはり此処のCBDオイルが一番信用できて効果もとても実感しました。私はよく普段使いしてますが愛犬の発作や腰痛からくる痛みでの震え等の症状が出てしまう時も使用しています。発作や痛みでの過呼吸のような症状も緩和されたようであまり時間がかからず愛犬が落ち着いてくれるので手放せません。

【よくあるご質問】

Q.保管方法

A.開封後は賞味期限に関わらず冷蔵庫に保管しお早めにお召し上がりください。

Q.前回とラベルのデザインが変わったのはなぜ?

A.原料が変わったのでラベルを変更しました。
前回のオイルを上回る成分分析結果がでております。

Q.THCってなあに?

A.法律で禁止されている成分で、「ハイになる」成分です。
精神活性作用 があることから、日本を含む多くの国で規制対象になっている成分です。

Q.CBDに危険性はあるの?

A.CBDには中毒性はありません。
副作用も報告されていませんが、中には身体に合わない方もいらっしゃるので、気になる方は専門家にご相談の上、摂取してください。

Q.MCTオイルは入荷されますか?

A.アメリカのメーカーの研究結果で、ヘンプシードオイルの方がMCTオイルより適しているとの報告を受けたため、今回はヘンプシードオイルのみ製造いたしました。出来るだけえぐみの少ないオイルを採用しましたので、是非お試しください。

Q.お薬の一緒に飲んでも大丈夫?

A.CBDオイルはお薬と一緒に摂って頂いても大丈夫ですが、病院からお薬を処方されている場合、先生にご相談ください。
CBDはとても安全なオイルですが、高濃度になると肝臓の酵素(CYP450)を阻害する事があります。
服薬時間を2時間以上ずらすなど工夫が必要です。

最後に

脊椎動物が持つエンド・カンナビノイド・システム
身体と心の異常を正常に戻すサポートをします。

穏やかな毎日のために。
毎日つかうものだからこそ、安全で信頼できるものを。
全てにごだわって誠実に作られています。
是非お試しください。

必要をしてくださる全ての方にこのオイルが届きますように・・・・

ご購入はこちら